お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




イギリスの美しきカントリーサイドを行こう。


イギリスを代表するとても美しいカントリーサイドのコッツウォルズ地方には、メルヘンのようなかわいらしい街が点在していて、
ロンドンの喧噪から抜け出してのんびり過ごしたい場所。日帰りツアーではなく、数日滞在するのがオススメ。
イングランド北部の湖水地方は、ピーターラビットや詩人ワーズワースの故郷としても有名。
こちらも、のんびり滞在して美しい湖と緑に囲まれたオアシスで自然の恵みを楽しもう。
そして、イギリスの中のもうひとつの国と呼ばれるスコットランドにもぜひ足を伸ばして。
スコットランドの首都エジンバラをはじめ、イギリス史において重要な歴史的建造物や古城を巡る観光地と、ネス湖など豊かな自然を満喫できる場所、両方の魅力が楽しめる。
イギリスは鉄道発祥の地なだけに、伝統もあり鉄道網も行き届いていて便利。遅れたり欠便が出たりということもないわけではないけど、
国内を周遊するには鉄道が便利で、旅もおもしろくなるはず。

コッツウォルズページトップへ>

コッツウォルズ
Cotswolds
「イングランドで最も美しい村」
バイブリーがいちばん人気。

イギリスの美しくかわいらしい田舎町の集まる地方、コッツウォルズ。イングランド中央部の丘陵地にひろがる豊かな緑に囲まれたコッツウォルズは、特別自然美観地域にも指定されています。イギリスらしいのどかなカントリーサイドの村々には、古い石造りの建物が並び、わらぶきの民家やひつじの姿が見られるところも。ロンドンから日帰りでいくつかの町や村をまわるツアーもあるけど、同じような観光客がいっぱいでカントリーサイドの良さを感じられずがっかりすることも。コッツウォルズは大急ぎで回るような観光地ではないので、お気に入りの村を見つけてのんびり滞在するゆとりのある旅がおすすめです。マナーハウスという古い館を改造したホテルもいくつかあるので泊まってみてください。休暇に来ている貴族のような気分になれるかもしれません。


南コッツウォルズページトップへ>

コッツウォルズ
South
Cotswolds
まるで絵本のなかに迷い込んだ
ような美しい村々をめぐる。

イギリスで屈指の美しさを誇るカントリーサイド、コッツウォルズ。ガイドブックに紹介されている村は北に多いですが、実は南コッツウォルズにも穴場とよぶにふさわしい美しい村々がたくさんあります。
例えばテッドベリーは7世紀に始まる歴史をもつ村で、なんとアンティークショップは30軒以上!アンティーク好きと言われるチャールズ皇太子ゆかりの地なのです。また、15世紀の古い家々が並ぶレイコックはハリーポッターのロケ地にもなった修道院と可愛らしい街並みは必見です。カースルクームはイングランドで最も古い家並みが保存されている村で、可愛らしい家が並んでいます。コッツウォルズを極めたい方、2度目の方もぜひ南コッツウォルズに訪れてみてください。


湖水地方ページトップへ>

湖水地方
The Lake
District
数百万年の時を経て作られた
太古の湖や美しい丘陵に魅了される。

ピーターラビットの舞台となる湖水地方は、渓谷沿いに小さな湖が無数に連なる美しい自然がみられる場所。国立公園に指定されていて、古くからリゾート地として知られてます。ピーター・ラビットの作者ポターや、詩人ワーズワースが愛した地としても有名。
山岳地帯に数々の湖という景観からも分かるように、交通の便はあまりよくありませんが、起点となる町を決めてのんびり連泊するのがこの地方の楽しみ方。湖水地方南部の玄関口となるウィンダミアとボウネス、古い街並みの残るアンブルサイド、ワーズワースゆかりの見どころが多く静かなグラスミア、湖水地方北部の玄関口ケズィックなどが、交通の便もよく宿泊施設も整っていて見どころも多いです。美しい湖や見どころを周遊するツアーもあるので、利用するのもおすすめです。


バースページトップへ>

バース
Bath
ローマ時代から続く高級リゾート地。
美しい建築物に酔う。

ローマ時代に天然温泉の街として栄えた町、バース。その名が、お風呂(バス)の語源になったことでも有名です。
18世紀には上流階級の人々が集う高級リゾート地になり、現在でもイギリス有数の観光地。この地域で採れるハチミツ色の石材で建てられた建築物は美しく、ジョージ王朝時代の優雅な雰囲気を今も感じることができます。ローマ時代に造られた大浴場ローマン・バスや、内部のアーチがすばらしいバース・アビー教会など、洗練された建築物にうっとりするでしょう。


ロンドンページトップへ>

ロンドン
London
新しいもの古いもの、様々な民族や
文化が混ざり合うコスモポリタン。

世界の中でも指折りに魅力的な大都会、ロンドン。 さまざまな時代・王朝の建物と近代的ビルが混在し、さまざまな人種・民族の人々が行き交い、さまざまな文化の融合が見られる都市。
街も広く、見どころはたくさんあるので、選りすぐりの観光名所だけでも数日かかってしまう。ざっとあげるだけでも、バッキンガム宮殿の衛兵交代式、ビッグベン(国会議事堂)、ウエストミンスター寺院、タワーブリッジ、ロンドン塔などのロンドンを代表する建造物。大英博物館、ナショナル・ギャラリー、テート・モダンなどの充実した博物館・美術館。大観覧車ロンドン・アイ、マダム・タッソーろう人形館、シャーロック・ホームズ博物館など、おもしろい見どころも多数あります。
すべてを見ようと欲張りすぎるより、外せないポイントを厳選して、街歩きやショッピング、ミュージカル観賞や食事も楽しむのがいいですね。


リバプールページトップへ>

リバプール
Liverpool
ビートルズ発祥の地として名高い
世界遺産にも登録された海港都市。

港町リバプールは、いわずとしれたビートルズを生んだ街。街にはビートルズゆかりの場所がたくさんあります。ビートルズ発祥の地として有名な通り、マシュー・ストリートは、リバプールきっての観光スポット。ビートルズがデビューしたパブ、キャバーン・クラブもこの通りにあります。歌になった通り、ペニー・レインや「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のモデルとなった孤児院ストロベリー・フィールドも、ここリバプールに。ジョン・レノンが住んでいた家メンディップスと、ポール・マッカートニーが住んでいた20フォートフリン・ロードは、見学が可能です。定員制のツアーのみの見学になるので、事前に予約しておくのがベター。
アルバート・ドッグは、ビートルズ博物館をはじめ多くの博物館や美術館、ショップ、レストランのある、一大レジャー・コンプレックス。時間を忘れて楽しみたいですね。


エジンバラページトップへ>

エジンバラ
Edinburgh
美しい町並みが世界遺産になってる
スコットランドの首都

丘の多い地形と、古い歴史的由緒のある建物群が重なり合って作り出す景観も、雰囲気があってとても美しい街エジンバラ。
中世の街並みの残るオールドタウンと、18世紀以降に計画的に造られたニュータウンに分かれています。エジンバラ城、聖ジャイルズ大聖堂、スコットランド博物館、ホリルードハウス宮殿など、主な見どころはオールドタウンに集まっています。ロイヤルマイルと呼ばれる、エジンバラ城からホリルードハウス宮殿へとつづく1マイルの道をメインに街歩きをしてみましょう。エジンバラ城は要塞造りの強硬な建物で、スコットランド王即位の宝器や、即位時に王が座った運命の石などを見ることができます。
また、歴史あるパブでひと休みしたり、スコッチウイスキーやキルトなど、スコットランドの伝統文化に触れてみるのもおすすめです。